ヒトプラセンタの原料『人の胎盤』品質や安全性について

   

ヒトプラセンタとは?原料や製造方法・安全性は大丈夫?

厚生労働省から医薬品(更年期障害や肝機能障害)として認可もされており、美容効果や健康効果も高いと人気のプラセンタ注射の原料は「ヒトプラセンタ」です。

注射に使用されているヒトプラセンタは、日本国内では医療機関のみで取り扱われています。

プラセンタは哺乳類の胎盤になりますが、今回はヒトプラセンタとは?誰の胎盤なのか?原料はどうやって確保しているのか、安全性やプラセンタ注射の注意点や効果などをご紹介していきます。

ヒトプラセンタの原料である胎盤の入手先は?

ヒトプラセンタの原料は人間の胎盤になります。

まず胎盤の入手方法ですが、ヒトプラセンタの製造業者が提携している産婦人科病院で、医薬品原料として使用することの同意を得た提供者から、胎盤を入手しています。

ヒトプラセンタの原料「胎盤の品質と安全性」

製造メーカーは限られている

サプリメントのような数多くの企業ではなく限られたメーカーが認可を受けて製造しています。

ヒトプラセンタ製造メーカーとして厚生労働省から認可が下りているのはメルスモン製薬・ラエンネック(日本生物製剤)になります。

胎盤提供者の検査体制

日本国内の正常分娩で出産した提供者の血液検査を実施しウィルス・細菌感染がないこと。

また、狂牛病関連のヤコブ病感染を防ぐ目的としてヨーロッパの渡航歴が一定期間ないことなどの条件をクリアした方の胎盤をヒトプラセンタの原料としています。

製造工程により安全性を確保している

原料の胎盤の安全性を確認するためウィルス検査をします。各胎盤ごとに重量や色調、臭いなど項目検査を実施し一つ一つ選別します。

製造工程では高圧蒸気滅菌を実施しさらにウィルス感染の危険性を排除します。

製品となった後にも最終的にウィルス検査を実施し合格した物をヒトプラセンタ製品としています。

発売開始以来、ウィルス感染の報告はありません。

ヒトプラセンタ注射を一度でもしたら献血できません

上記のように、ヒトプラセンタの安全性は2重3重に確保されています。

しかし、ヒトプラセンタ注射を一度でもすると献血することが出来なくなります

これは変異型クロイツフェルトヤコブ病(vCJD)の感染リスクが否定できない為です。

現在までにヒトプラセンタ注射によるヤコブ病感染の報告は1件もありませんが、念のための措置として制限されています。

 原料も安心!ヒトプラセンタを取り入れる方法

プラセンタは哺乳類の胎盤からできています。

人・豚・馬などありますが、やはり同じ人間の胎盤なのでヒトプラセンタは身体への馴染みがあり、適合性が良く効果を実感しやすいといわれています。

ヒトプラセンタは医療機関のみで取り扱っておりますので、気になっている方は、クリニックで受けていただくことになります。

プラセンタ注射(ラエンネック・メルスモン)

ラエンネックは「肝機能障害」、メルスモンは「更年期障害」「乳汁分泌不全」の治療に有効であり、クリニックで診断してもらえれば保険適用になり、低価格で注射を受けられます。

美容目的の場合は、保険適用外になりますが受けられます。プラセンタ注射を受けて気になる症状が劇的に改善した口コミなどもあります。

即効果を実感したい方におすすめなので、お医者様と相談し納得の上注射を受けてくださいね。

プラセンタサプリメント(ラエンネックPO)

このサプリメントも医療機関のみで扱っています。

注射が苦手な方、献血が出来なくなるなど不安な方でヒトプラセンタを試してみたい方におすすめです。

個人的にはラエンネックPOはとても高価(クリニックによりますが1か月25000円程度)でクリニックを受診する時間的な手間もありますし

動物(豚・馬など)でも効果を感じられるので「ものすごく自分に効果がある」方に継続していただきたいサプリメントです。

プラセンタサプリメント(メルスモンカプセル)

ヒトプラセンタ製造メーカー「メルスモン」からもサプリメントが出てきますが、こちらは「豚由来」のプラセンタになりますのでお間違えのないようにしてくださいね!

ヒトプラセンタ化粧品は製造できない

お化粧品を作ることは薬事法により禁止されているので、日本国内では製造されていません。

ヒトプラセンタは注射かサプリメントのみになります。

ヒトプラセンタ原料の安全性&品質も高い!

ヒトプラセンタの原料となる人間の胎盤はリスクを取り除き、何回も検査され製品になっている工程がお分かり頂けたと思います。

ヒトプラセンタの品質や安全性はとても高いです!

プラセンタの中で最も効果が高いと言われている「ヒトプラセンタ」安心してご利用くださいね。

で、結局コスパ最高のプラセンタはどれ?

様々なプラセンタを経験した私が選んだプラセンタはフラコラのプラセンタエキス100%・WHITE’stプラセンタエキス原液美容液と3粒で10,000mg配合のプラセンタつぶです。

 

1.プラセンタエキス原液(美容液)について

プラセンタエキス原液の公式サイトを読んで私の体質に合うか?成分的に問題がないか?正直、怪しくないか?を細かくチェックしました。

▶︎プラセンタエキス原液美容液の公式ページはこちら

即効性を感じたフラコラプラセンタエキス原液を購入し使用して感じた効果など体験談は こちら

特に美容液であるWHITE'stプラセンタエキス原液は長年の悩みであったほうれい線が目立たなくなり、お肌の発色もワントーン以上明るくなった気がします。
after  

2.フラコラプラセンタつぶ(サプリメント)について

プラセンタつぶもやっぱり内服するサプリメントであるので安心して購入できる会社か?原材料などの成分、注意書き等を読みました。

▶︎プラセンタつぶの公式ページはこちら

プラセンタつぶはじめ3つのプラセンタサプリメントを実際に使用して感じた効果の体験談を比較して付けたランキングは こちら

3つのプラセンタサプリメントを飲み比べてプラセンタつぶは他のサプリメントよりも含有量が高くお値段も手ごろという部分で続けやすく、体質から効いている気がしています。

ただ即効性を求めるなら、プラセンタつぶよりもプラセンタエキス原液の方がお肌のもっちり感や発色などすぐに効いたような感じでプラセンタつぶは内側から徐々に効いていき疲労感回復や乾燥に効いている感じですね。